VIOLINMAKER  福田喬史 Takafumi  Fukuda

1976年川崎市出身

神奈川大学附属高等学校卒業後,東京ヴァイオリン製作学校入学(学校長 無量塔蔵六 Geigenbaumeister)。学内アンサンブルではチェロとピアノを担当。

2002年 25歳 チャイコフスキー国際コンクール International Tchaikovsky Violinmaking Competition(ロシア、モスクワMoscow)製作部門に出品。音響部門第1位、最優秀音響賞(Best Sound Prize、歴代最高得点)、総合3位BronzeMedalを受賞。

同年より渡独 ドイツHalle (saale)にあるJens Peter Schade(Geigenbaumeister)の工房で職人として勤務。

寄宿先の隣家で工房を開いていたJens Schade の父親である故Joachim Schade 氏、及び現代の名工であるRitz Iwata氏(在アムステルダム)に楽器に対する楽器製作家としての心構えを数多く教授頂く。

帰国後、株式会社ミュージックプラザに製作、修理担当として入社。以降10年以上にわたり数々の銘器の修理調整、プロアマ問わず全国より数多くのプレイヤーに御指名をいただき、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ等の調整、弓の毛替えなどを手掛ける。

2017年株式会社ミュージックプラザを退社。横浜市、東神奈川駅前にてfumi’s Violin Shop(フミズヴァイオリンショップ)を開業現在に至る。横浜市在住。    日本弦楽器製作者協会会員

Translate »