ブログ

  1. ヴァイオリン製作学校たくみ 開校

    ヴァイオリン製作を志す方々へヴァイオリンという西洋発祥の文化で有るがゆえに日本ではヴァイオリンに携わる技術者の教育がヨーロッパ、アメリカに比べると遅れてきた歴史を持っていました。どうやら国の成長とヴァイオリン製作、及び修理の技術のレベルは比例しているようです。

    続きを読む
    • ヴァイオリン製作学校たくみ 開校 はコメントを受け付けていません。
    • 製作
  2. 風祭真由・榎政則 デュオリサイタル 3月2日(土)19:30Studio Virtuosi

    ...

    続きを読む
    • 風祭真由・榎政則 デュオリサイタル 3月2日(土)19:30Studio Virtuosi はコメントを受け付けていません。
    • コンサート
  3. 2018VIOLA

    2018年製作ビオラ Guadagnini 1781Torino Model

    基本福田製作の楽器はオーダーメイドの受注製作となります。 弦楽器フェアに向けた作品やコンクール向け(いわゆるピカピカなきれいな楽器)に作る作品など、銘器のコピー作品も含まれます。クレモナ黄金期のニスの処方も一生の研究となりますので毎回楽器の仕上がりも違った感じになります。

    続きを読む
    • 2018年製作ビオラ Guadagnini 1781Torino Model はコメントを受け付けていません。
    • 製作
  4. 「蘇る若林暢」魂のヴァイオリニストCDリリース記念コンサート

    ...

    続きを読む
    • 「蘇る若林暢」魂のヴァイオリニストCDリリース記念コンサート はコメントを受け付けていません。
    • コンサート
  5. 小林武史 米寿記念コンサート2018 10/28

    日本におけるクラシック界を草創期より牽引して、また数多くの優秀な弟子を育て上げてきた小林武史先生の米寿記念コンサートのお知らせです。

    続きを読む
    • 小林武史 米寿記念コンサート2018 10/28 はコメントを受け付けていません。
    • 未分類
  6. ニス塗と光

    11月に私が所属している日本弦楽器製作者協会の展示会が開かれます。今年はバイオリンとビオラの2台、気づいたら後1か月を切りました。慌ててニス塗を開始しないといけません。昼間は毛替えやら修理やらに追われるので夜にニス塗をすることが多くなります。

    続きを読む
  7. 15万~30万のドイツ弓入荷しました。

    弓はなぜこんなに高いのか? それは楽器の弦やパーツを交換して音の変化を感じることよりはるかに音の変化をダイレクトに感じ取れるからです。おまけに今まで弾けなかったパッセージが弾けるようになったなど、良質の弓は良いこと尽くしです。

    続きを読む
    • 15万~30万のドイツ弓入荷しました。 はコメントを受け付けていません。
    • 未分類
  8. 2018年製福田喬史製作ニス塗り前のバイオリン

    ニス塗り前のバイオリン。

    続きを読む
    • 2018年製福田喬史製作ニス塗り前のバイオリン はコメントを受け付けていません。
    • 製作
  9. フォーレ四重奏団 モーツァルトピアノ四重奏曲演奏会 横浜みなとみらいホール開館20周年 横浜芸術アクション事業

    ...

    続きを読む
    • フォーレ四重奏団 モーツァルトピアノ四重奏曲演奏会 横浜みなとみらいホール開館20周年 横浜芸術アクション事業 はコメントを受け付けていません。
    • 未分類
  10. 東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第39回定期演奏会

    【東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第39回定期演奏会】7月14日(土)13:30開場 14:00開演(予定)会場:ティアラこうとう 大ホール最寄駅:住吉駅指揮:村井音文曲目:メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」より序曲/スケルツォ/夜想曲/結婚行進曲ベートーヴェン 交響...

    続きを読む
    • 東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第39回定期演奏会 はコメントを受け付けていません。
    • コンサート
ページ上部へ戻る
Translate »