調整 Sound Adjustment

調整 sound adjustment

ヴァイオリンは生き物です。ゆえに人間の体調と同様、一年通して同じコンディションを何の手を加えずに保つのは不可能です。

特に湿気や気温による不具合、違和感はペグが緩んだり固まったりと誰しもが感じるところであります。

あまり知られていませんがヴァイオリンは新作楽器になればなるほど水分の呼吸差が大きく、夏と冬とで楽器の形が変わります。

特にチェロでは楽器の形が変わる事を指板と弦の高さの変化という形で容易に感じることができます。

 

他にも弦を張り続けて表板に常にテンションを掛け続けていることにより音の出が変わってしまったり、様々な要因が複雑に絡み合い楽器のコンディションは簡単に変わってしまいます。

弦を変えるだけではベストパフォーマンスは生まれません。その季節に合わせた調整、弦の種類に合わせた調整が必要になります。

フミズヴァイオリンショップではお客様の楽器1台1台に丁寧、真摯に向き合い、お客様の笑顔をもたらす調整を第一モットーとしています。

どんな些細な相談にも対応致しますのでまずはご連絡ください。

 

 

 

 

ページ上部へ戻る
Translate »