ブログ

15万~30万のドイツ弓入荷しました。

弓はなぜこんなに高いのか? それは楽器の弦やパーツを交換して音の変化を感じることよりはるかに音の変化をダイレクトに感じ取れるからです。おまけに今まで弾けなかったパッセージが弾けるようになったなど、良質の弓は良いこと尽くしです。

今回ご紹介する5本はドイツ、マルクノイキルヒェンのマイスターたちによる作品です。1本1本弾き比べるとそれぞれに個性が際立つ弓ばかりです。

よくお客様に楽器の値段に対して1/3の値段を弓に割り当てるのですよね?と聞かれるのですが、そんなことありません。楽器と等価の弓、もしくは楽器より高い弓をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。目安だけで弓を選ぶとすべて妥協の塊になり、ほぼ数年後に買い替えることになる確率が増えます。

楽器より弓をさらに真剣に選んだほうが良いと思います。

下記リンクより弓のページにリンクしてあります。どうぞご覧ください。

弓のページへ

  • 15万~30万のドイツ弓入荷しました。 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る
Translate »